ピアノのレッスン

写真

基礎からやさしく指導します。
お子様から中学生、高校生、社会人の方を対象に、ソルフェージュを含めた指導をいたします。
音大受験をご希望の方には、より専門的な指導を実践し、希望の進路の合格を目的にしています。
社会人の方には、弾きたい曲が弾けることを目的としています。

ソルフェージュのレッスン

ソルフェージュとは楽譜を読む、リズムを取る、しくみを理解するなど音楽を学ぶためにために必要な分野です。
音楽を始められたばかりの方は、簡単な音取りやリズムなどを学びます。
音楽大学受験を考えていらっしゃる方は、聴音、楽典、視唱、視奏、など本格的なレッスンを行います。

料金

料金のページをご覧下さい。

講師プロフィール

五味こずえ(ごみ こずえ)

五味こずえ プロフィール

東京都出身。東京都立芸術高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
1991年ピティナピアノコンペティションF級にて奨励賞受賞し、受賞者によるモーツァルトコンサート出演。
1997年コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。
1998年受賞者によるコンサート出演。同年、東京藝術大学同声会主催卒業演奏会に出演。
1999年日本・ポーランド国交樹立80周年記念および、国際ショパン年記念事業に参加、ポーランド大使館後援による演奏会に出演。
2000年シカゴ音楽大学院春期短期留学音楽研修セミナーに参加し、ポール・ヘンチンスキー教授に師事、リュドミラ・ラザール教授のマスタークラス受講、同修了演奏会に出演。
同年5月、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」でオーケストラと共演。
2002年ウィーン国立音楽大学の夏期セミナーにおいてパウル・グルダ氏に師事し研鑽を積む。

現在は器楽、声楽のリサイタル伴奏、NHK-FM出演をはじめとして、室内楽を中心に日本各地で活躍中。
最近では、作家・林望氏自ら結成した重唱団体において、ピアノを担当し日本各地で演奏会を行っている。
また、作曲家・伊藤康英氏と連弾のデュオを組み、講座やコンサートに出演。その傍ら、後進の指導にあたっている。

椎野伸一、谷康子、田辺緑、ヴァレリア・セルバンスキー、迫昭嘉の各氏に師事。
ピティナ会員。

五味こずえ プロフィール

五味こずえ(ごみ こずえ)

東京都出身。東京都立芸術高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
1991年ピティナピアノコンペティションF級にて奨励賞受賞し、受賞者によるモーツァルトコンサート出演。
1997年コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。
1998年受賞者によるコンサート出演。同年、東京藝術大学同声会主催卒業演奏会に出演。
1999年日本・ポーランド国交樹立80周年記念および、国際ショパン年記念事業に参加、ポーランド大使館後援による演奏会に出演。
2000年シカゴ音楽大学院春期短期留学音楽研修セミナーに参加し、ポール・ヘンチンスキー教授に師事、リュドミラ・ラザール教授のマスタークラス受講、同修了演奏会に出演。
同年5月、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」でオーケストラと共演。
2002年ウィーン国立音楽大学の夏期セミナーにおいてパウル・グルダ氏に師事し研鑽を積む。

現在は器楽、声楽のリサイタル伴奏、NHK-FM出演をはじめとして、室内楽を中心に日本各地で活躍中。
最近では、作家・林望氏自ら結成した重唱団体において、ピアノを担当し日本各地で演奏会を行っている。
また、作曲家・伊藤康英氏と連弾のデュオを組み、講座やコンサートに出演。その傍ら、後進の指導にあたっている。

椎野伸一、谷康子、田辺緑、ヴァレリア・セルバンスキー、迫昭嘉の各氏に師事。
ピティナ会員。

三好すみれ(みよし すみれ)

三好すみれ プロフィール

東京音楽大学音楽学部作曲科卒業。
在学中、特待奨学金を授与されたほか、卒業制作の管弦楽作品が優秀作品として選出され、学生オーケストラにより演奏された。同大学院音楽研究科器楽専攻(伴奏)修了。
大学院在籍中は室内楽作品の他、オペラ作品の伴奏法についても研鑽を積む。
修了時のリサイタル試験では自作品を三界秀実氏と共演。好評を博す。

第35回高槻市新人演奏会出演。
第36回霧島国際音楽祭マスタークラス(室内楽)修了。
期間中、練木繁夫氏に師事。

2017年7月、日露青年交流センター主催・日露青年交流事業短期派遣プログラムに伴奏ピアニストとして参加し、チャイコフスキー邸宅博物館(アラパエフスク)やウラル州立音楽院(エカテリンブルク)で行われた交流演奏会に出演。
これまでにピアノを松原敬子・石井千穂・播本枝末子・小坂圭太・土田英介・谷池重紬子、室内楽を三界秀実、作曲を北條美香代・土田英介・柿沼唯・糀場富美子・西村朗・藤原豊の各氏に師事。

現在、東京音楽大学非常勤伴奏研究員。

三好すみれ プロフィール

三好すみれ(みよし すみれ)

東京音楽大学音楽学部作曲科卒業。
在学中、特待奨学金を授与されたほか、卒業制作の管弦楽作品が優秀作品として選出され、学生オーケストラにより演奏された。同大学院音楽研究科器楽専攻(伴奏)修了。
大学院在籍中は室内楽作品の他、オペラ作品の伴奏法についても研鑽を積む。
修了時のリサイタル試験では自作品を三界秀実氏と共演。好評を博す。

第35回高槻市新人演奏会出演。
第36回霧島国際音楽祭マスタークラス(室内楽)修了。
期間中、練木繁夫氏に師事。

2017年7月、日露青年交流センター主催・日露青年交流事業短期派遣プログラムに伴奏ピアニストとして参加し、チャイコフスキー邸宅博物館(アラパエフスク)やウラル州立音楽院(エカテリンブルク)で行われた交流演奏会に出演。
これまでにピアノを松原敬子・石井千穂・播本枝末子・小坂圭太・土田英介・谷池重紬子、室内楽を三界秀実、作曲を北條美香代・土田英介・柿沼唯・糀場富美子・西村朗・藤原豊の各氏に師事。

現在、東京音楽大学非常勤伴奏研究員。